アメリカ
UNITED STATES OF AMERICA

※掲載順はメーカーのアルファベット順
※アーマライト社、Artillerie Inrichtingen製
↑AR-10

↑Image courtesy of Shipbucket.
口径 全長 銃身長 重量 装填数 ライフリング 備考
7.62o×51 1,035o 547o 3,450g 20発 4条/右回り ◎M16(AR-15)の原型


※アーマーライト社、コルト・ファイアアームズ社(現コルト・ディフェンス社)製モデル601
※1960年制式採用

↑M16
口径 全長 銃身長 重量 装填数 ライフリング 備考
5.56o×45 994o 537o 3,000g 20発 6条/右回り


※バレット・ファイアラームズ・マニュファクチャリングInc. 製
※1990年制式採用。ヴァリエーションに原型のM82、海兵隊が採用したM82A1M(海兵隊名M82A3-SASR(Spcial Application Scoped Rifle)、陸軍ではM107として採用)、対空戦闘用のM82A2、25o×59B NATO弾を使用して短銃身のXM109ペイロード、小型軽量のM90、その改良型のM95、M99がある
↑M82A1

↑PACIFIC OCEAN (Jan. 24, 2009) - Aviation Ordnanceman 3rd Class Jamie Mctizic, from Hobbs, N.M., fires a .50-caliber Barrett sniper rifle off the fantail of the aircraft carrier USS John C. Stennis (CVN-74) during a live-fire exercise. John C. Stennis is on a scheduled six-month deployment to the western Pacific Ocean. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Jon Husman. (Released)
口径 全長 銃身長 重量 装填数 ライフリング 備考
12.7o×99 1,447o 737o 12,900g 10発 8条/右回り


※コルト・ファイアアームズ社(現コルト・ディフェンス社)製モデル645
※1982年12月制式採用。他にFN U.S.A. 社がライセンス生産

↑M16A2
↑Atlantic Ocean (Apr. 22, 2004) - Photographer's Mate Airman Jarred Wilson gets qualified on a M16 assault rifle during a small arms training exercise aboard the conventional powered aircraft carrier USS John F. Kennedy (CV-67). Over the next two weeks Kennedy will be going through her final carrier qualifications (CQ) for the Surge Readiness Program in preparation for her upcoming scheduled deployment. U.S. Navy photo by Photographer's Mate Airman Apprentice Nicholas Garratt. (RELEASED)

↑Image courtesy of Shipbucket.
口径 全長 銃身長 重量 装填数 ライフリング 備考
5.56o×45 1,000o 548o 3,500g 30発 6条/右回り


※コルト・ファイアアームズ社(現コルト・ディフェンス社)製
※1994年8月制式採用

↑M4A1カービン

↑M4 R.I.S.

↑M4A1+M203A1アド・グレネード・ランチャー

↑M4A1+M870マスターキー・ショットガン

↑M4 Sシステム
↑ARABIAN GULF (Sept. 25, 2015) - Capt. Brian Quin, executive officer of Wasp-class amphibious assault ship USS Essex (LHD-2), conducts M4 rifle-familiarization training on the port elevator. Essex is the flagship of the Essex Amphibious Ready Group (ARG) and, with the embarked 15th Marine Expeditionary Unit (MEU), is deployed in support of maritime security operations and theater security cooperation efforts in the U.S. 5th Fleet area of operations. U.S. Navy Photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Irwin Sampaga. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
口径 全長 銃身長 重量 装填数 ライフリング 備考
5.56o×45 840o 368o 2,540g 30発 6条/右回り


コルト社生産ライン名 特徴
M16/M16A1ヴァリエーション
M601 AR-15軍用型
M602 AR-15軍用改良型(M16)
(←M16)
M602 AR-15陸軍改良型(XM16E1)
M603 M16A1
(←M16A1)
M603K M16A1韓国型輸出モデル
M604 第3期改良型空軍用M16
M605 15インチ・バレル・カービン
M606 ヘヴィーバレル、フォワードアシスト付き輸出モデル
M607 CAR-15SMG
M608 CAR-15サヴァイヴァル・ライフル
M609 XM177E1 10インチ・バレル、フォアードアシスト付き(SMG#1)
M610 XM177 10インチ・バレル、フォアードアシスト無し(SMG#2)
(←XM177)
M611 ヘヴィーバレル・ライフル、輸出モデル
M611P ヘヴィーバレル・ライフル、フィリピンエリスコ・ライセンス生産モデル
M613 M603輸出モデル
M613P M603フィリピン輸出モデル
M614 M604輸出モデル
M614S M604シンガポールCIS、ライセンス生産モデル
M616 ヘヴィーバレル・ライフル、M606同型アメリカ軍トライアル・モデル
M619 XM177E1(M609)同型輸出モデル
M620 XM177(M610)同型輸出モデル
M621 ヘヴィーバレル・ライフル、フォアードアシスト付き、アメリカ軍トライアル・モデル
M629 XM177E2 11.5インチ・バレル、フォアードアシスト付き、アメリカ陸軍モデル
M630 11.5インチ・バレル、フォアードアシスト無し、アメリカ空軍モデル
M635 9o×19口径、M16A2SMG
M639 XM177E2(M629)同型輸出モデル
M640 M630同型輸出モデル
M649 14インチ・バレル付きアメリカ空軍用カービン(CAU-5)
M651 14.5インチ・バレル、フォアードアシスト付きカービン、固定ストック
M652 14.5インチ・バレル、フォアードアシスト無しカービン、固定ストック
M653 14.5インチ・バレル、フォアードアシスト付きカービン、伸縮式メタルストック
M653P M653同型・フィリピンエリスコ・ライセンス生産モデル
M654 14.5インチバレル、フォアードアシスト無しカービン、伸縮式メタルストック
M655 M16A1特殊狙撃銃 レーザーウッド/リアリスト3〜9倍スコープ、サイレンサー付き
M656 M16A1改造特殊狙撃銃 特殊上部レシーヴァー、レーザーウッド/リアリスト3〜9倍スコープ、サイレンサー付き
(←M656)
CAR-703 M703、M16A2(現在の物とは異なる)ガスピストン組み込みプロトタイプ
R6000 AR-15民間向けセミオートマチックモデル(AR-15スポーター1) フォアードアシスト無し
M16A2ヴァリエーション
M701 M16A2 ヘヴィーバレル、カートリッジリフレクター・アジャストリアサイト付き、セミオート/フルオート・セレクター
M703 M16A2 ライトバレル、カートリッジリフレクター・アジャストリアサイト付き
M705 M16A2 ヘヴィーバレル、カートリッジリフレクター・アジャストリアサイト付き、セミオート/3点バースト・セレクター
M711 M16A2 M16A1同型、ライトバレル、カートリッジリフレクター無し、L型フリップサイト
M715 M16A2カナダ型 ヘヴィーバレル、カートリッジリフレクター・L型フリップサイト付き、セミオート/フルオート・セレクター
M723 M16A2カービン 14.5インチ・ライトバレル、カートリッジリフレクター無し、L型フリップサイト
M725 M16A2カービン・カナダ型 14.5インチ・ライトバレル、カートリッジリフレクター無し、L型フリップサイト
M727 XM4カービン、M16A2アブ・ダビ・カービン 14.5インチ・ヘヴィーバレル、リフレクター無し、アジャストサイト付き
M733 M16A2コマンド 11.5インチ・ライトバレル、リフレクター無し、L型フリップサイト
M741 M16A2H-BAR(ヘヴィーバレル・オートマチック・ライフル) ヘヴィーバレル、カートリッジリフレクター・アジャストサイト付き、2脚付き
AR-15A2(M16A2スポーター)ヴァリエーション
R6420(旧型) AR-15A2カービン(旧型) 16インチ・バレル、ボルトフォワードアシスト、ケースリフレター無し、L型フリップサイト、伸縮式ストック
R6520(新型) AR-15A2カービン(新型) 16インチ・バレル、ボルトフォワードアシスト、ケースリフレター無し、アジャストサイト、伸縮式ストック
R6450 9o×19口径カービン 16インチ・バレル、カートリッジリフレクター無し、ボルトフォワードアシスト無し、L型フリップサイト
R6500 AR-15A2スポーターIIライフル ライトバレル、ボルトフォワードアシスト付き、カートリッジリフレクター付き、L型フリップサイト
R6520 AR-15A2ガヴァメントモデル・カービン 16インチ・バレル、ボルトフォワードアシスト付き、カートリッジリフレクター付き、アジャストサイト
R6550(旧型) AR-15A2ガヴァメントモデル・ライフル スタンダードバレル、ボルトフォワードアシスト付き、カートリッジリフレクター付き、L型フリップサイト
R6550(新型) AR-15A2ターゲット・ガヴァメントモデル・ライフル スタンダードバレル、ボルトフォワードアシスト付き、カートリッジリフレクター付き、アジャストサイト
R6600 AR-15A2H-BAR ヘヴィーバレル、ボルトフォワードアシスト付き、カートリッジリフレクター付き、アジャストサイト
R6600には上記のと、コルト・マッチH-BAR(1990年)の2つのモデル名がある
R6600DH AR-15A2デルタH-BAR(1990年にはコルト・マッチ・デルタH-BARに改称) ヘヴィーバレル、3〜9倍スコープ、ボルトフォワードアシスト付き、カートリッジリフレクター付き、アジャストサイト、チークピース付き狙撃銃


※M16ファミリー使用国(アルファベット順、Image courtesy of 世界の地図・世界の国旗
バルバドス M16A1、M16A2
ボリヴィア M16A1
ブラジル M16(M614、空軍向け)、M16A1(警察向け)、M16A2(対テロ部隊向け)
ブルネイ M16A1(M613)、M653カービン、M611H-BAR
カメルーン M16A1(M613)
カナダ M16A2(C7、ディマコ(現コルト・カナダ)製)、M16A2(C7A1、ディマコ(現コルト・カナダ)製)、M16A2カービン(C8、ディマコ(現コルト・カナダ)製)、DAR-701(Dlsak Arms製)、AT15(Alberta Tactical製)
中央アフリカ M16A1
チリ M16A1(M613)
中国 Type CQアサルト・ライフル、CQセミオート・ライフル(民間向け)、CQ 5.56o Type Aアサルト・カービン(M4A1カービンのコピー、セミオート・モデルは民間向け)
台湾 M16A1(M613)、65式歩槍(聯勤製)、86式歩槍(聯勤製)、91式歩槍(聯勤製)
コスタ・リカ M16A1(M613)、86式歩槍
コート・ジヴォアール M16A1
デンマーク M16A1(警察向け)
ドミニカ共和国 M16A1(M613)
エクアドル M653カービン(特殊部隊向け)
エジプト M16A1(テスト用)
エル・サルヴァドル M16A1
ガボン M16A1(M613)、M653カービン
ドイツ HK416(ヘッケラー&コッホ製)、HK417(ヘッケラー&コッホ製)、M27 IAR(ヘッケラー&コッホ製)、OA-15(オーバーランド・アームズ製)、OA-10(オーバーランド・アームズ製)、AR-15(シュマイザー製)、COLT.22(カール・ヴァルター社製)
ガーナ M16A1(M613)
ギリシャ M16A2(M701、特殊部隊向け)、M723カービン(特殊部隊向け)
グレナダ M16A1(特殊部隊訓練用)
ハイチ M16A1(M613)
ホンジュラス M16A1(M613)、M653カービン
インドネシア M16A1(M613)
イラン S-5.56(国防産業機構(Defense Industries Organization)製)
イスラエル M16A1(M613)、M653カービン、M4A1カービン(M979)、Gilboa(Silver Shadow製)
ジャマイカ M16A1(M613)、M653カービン
ヨルダン M16A1、M16A2
カンボジア M16A1(M603、アメリカ&ヴェトナムより)、CQシリーズ
ラオス M16A1
レバノン M16A1(M613)
レソト M16A1(M613)、M653カービン
リベリア M16A1(M613)、M16A2
マレーシア M16A1(M613)、M653カービン
マリ M16A1
メキシコ M16A1(警察向け)、M16カービン(警察向け)
モロッコ M16A1(M613)、M653カービン
ミャンマー M16A1&M203グレネード・ランチャー、CQシリーズ
ナイジェリア M16A1(M613K、韓国より)
オマーン M16A1(M613)、M16A2
パナマ M16A1(M613)、65式歩槍(台湾より)
パラグアイ M16A1、CQ 5.56o Type Aアサルト・カービン(特殊部隊DECEI向け)
フィリピン M16A1(M613)、M653カービン、アルマダ(ARMADA)ライフル(S.A.M. 社製)、トレイルブレイザー(TRAILBLAZER)カービン(S.A.M. 社製)
カタール M16A1(M613)、M653カービン(警察向け)
セネガル M16
シンガポール M16(M614S、コルト社製)、M614S(CIS社製)
ソマリア M16A1
南アフリカ M16A1(警察向け)
韓国 M16A1(M603K、アメリカより&大宇製)、K1(大宇製)、K1A1(大宇製)、K2(大宇製)
スリ・ランカ M16A1、M723カービン(警察向け)
スーダン AR-10(1957年〜1989年)、テラブ(TARAB)ライフル(軍事産業株式会社(Military Industry Corporation)製)
タイ M16(M614、CIS社製)、M16A1(M613)、M653カービン、CQシリーズ
トリニダード・トバゴ M16A1
チュニジア M16A1
トルコ M16A2(M711、保安警察向け)、M16A2カービン(保安警察向け)
ウガンダ M16A1(M606)
アラブ首長国連邦 M16A1(M613)、M653カービン、M16A2(M703)、M727カービン
イギリス M16(M614)、M16A1(M613、特殊部隊SAS向け)、M653カービン(特殊部隊SAS向け)、XR10(サーバー・ディフェンス製)、XR15(民間向け、サーバー・ディフェンス製)、SAR-15(Parker Hale製)、Speedmaster(Southern Gun Company製)、LA-30(Southern Gun Company製)、V22(Southern Gun Company製)、MG-4(Imperial Defence Service製)
アメリカ オリジナル生産国
ウルグアイ M16A1、AR-10(Peregrino製)、AR-15(Peregrino製)
ヴェトナム M16、M16A1、XM177
イエメン M16A2(サンプル用)
ザイール/コンゴ民主共和国 M16A1


※スプリングフィールド造兵廠製
※1957年制式採用。他にウィンチェスター・ウェスターン・ディヴィジョン社、ハーリントン&リチャードソン社、トムソン・ラモ・ウールドリッジ社がライセンス生産
↑M14
↑M21
↑Aboard USS Boxer (LHD-4) Jan. 30, 2004 - Gunner's Mate 2nd Class Frederic N. Thomas from San Antonio, Texas, stands by to fire a shot line from the amphibious assault ship USS Boxer (LHD-4) during a recent connected replenishment (CONREP) with the military sealift command ship USNS San Jose (T-AFS-7). After returning from a regular deployment in July 2003, Boxer departed for the Arabian Gulf to support the rotation of forces involved in Operation Iraqi Freedom. The multipurpose amphibious assault ship is transporting support equipment and aviation assets for the 1st Marine Expeditionary Force (1st MEF), stationed at Camp Pendleton, Calif. U.S. Navy photo by Chief Journalist J. L. Chirrick. (RELEASED)

↑SOUTH CHINA SEA (May 9, 2016) - Civilian mariner Terrence P. Dumas, fire marshal on the fleet replenishment oiler USNS John Ericsson (T-AO-194) fires an M14 service rifle during a small-arms weapons qualification course. U.S. Navy photo by Grady T. Fontana. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
口径 全長 銃身長 重量 装填数 ライフリング 備考
7.62o×51 1,124o 634o 4,450g 20発 4条/右回り ◎1964年製造中止


※参考文献
「THE BOOK OF RIFLES」CASTLE BOOK(1977年)
「M16&ストーナーズ・ライフル」大日本絵画(1991年)
「最新軍用ライフル図鑑」徳間文庫(1998年)
ウィキペディア


Update 16/10/09