イギリス
GREAT BRITAIN

※掲載順はメーカーのアルファベット順
※ブラウン・ベスBrown Bessは、18世紀のイギリス陸軍の制式マスケット銃とその派生型に付いたニックネーム。起源は不明。75口径(19.05o)フリントロック式である。 イギリス帝国の拡大の時代に使用され、兵器としての活躍はもちろん、やがてイギリス陸軍を象徴する装備として兵器史に名を残した。ヴァリエーションはLong Land Pattern、Short Land Pattern、India Pattern、New Land Pattern、New Light Infantry Land Pattern、Cavalry Carbine、Sea Service Pattern

↑Image courtesy of Shipbucket.


※王立小火器工廠製

↑Image courtesy of Shipbucket.
口径 全長 銃身長 重量 装填数 ライフリング 備考
7.7o×56R
(.303 British)
1,130o 640o
(SMLE Mk. I以降)
3,900g 10発


※王立小火器工廠製。スタンレー・ソープ Stanley Thorpe設計のExperimental Mode(試作型)小銃EM-1

↑Image courtesy of Shipbucket.
※王立小火器工廠製。ステファン・ケネス・ジャンソン Stefan Kenneth Janson設計のExperimental Mode(試作型)小銃EM-2

↑Image courtesy of Shipbucket.


※王立小火器工廠製。SA80とは、Small Arms 1980'sから由来

↑L85A1

↑L86

↑Image courtesy of Shipbucket.
口径 全長 銃身長 重量 装填数 ライフリング 備考
5.56o×45 785o 495o 4,720g 30発 6条/右回り ◎データはL85A1


※参考文献
「第二次大戦文庫11 拳銃・小銃・機関銃 不滅の歩兵兵器」サンケイ出版(1985年)
「最新軍用ライフル図鑑」徳間文庫(1998年)
ウィキペディア


Update 20/08/31